初心者必見!キャンプでまず準備するもの

アウトドアをこれから始めるとなると、いろいろ揃えなくてはいけないものがあります。

バーベキューの場合は誰かしらが持っていれば問題ないのですが、キャンプとなるとそうもいかなくなってきます。

これさえあれば大丈夫

キャンプグッズの価格はピンキリで上を目指すととんでもないことになります。

必要なのか,どのメーカーがいいのかなどが最初はわからないと思うので、とりあえずある程度安いものから入り気になったものを追加,グレードアップしていくのがいいと思います。

テント

まずはこれですね。

大体5,000~10,000円くらいを目安にするといいでしょう。

もっと安いものもありますがデイキャンプの日よけ等ではいいと思いますが、泊まるとなると心もとないので気を付けましょう。

上を見るときりがないのもこのテントです。値段が高いものは機能や質,サイズなど価格相応の良さがありますが、設営の大変さや買ったはいいが持て余すといった事もあるので注意しましょう。

なので5,000~10,000円くらいのワンタッチテントがおすすめです。

寝袋(シュラフ)

寝袋は種類も多く価格も安めで2,000円くらいのものも沢山あります。

ただし使う季節に注意しなくてはいけなく、秋冬にキャンプをする場合は特に何度まで対応なのかを事前に確認しておきましょう。

キャンプチェア

自分の中では一番重要かもしれません。最初にどれか一ついいものを買うなら迷わずキャンプチェアをおすすめします。

価格は1,000円~とかなりお手頃です。

しかし自分のように座って話したり,音楽を聴いたり本を読む人はくつろげる椅子を探してみてください。

キャンプテーブル

キャンプと言えばテーブルとイスのセットになったものをイメージしますが、自分の場合は小さめのローテーブルを一つか二つ持っていく程度です。

イスは別で持っていくものがありますし取り皿と飲み物がのる程度でいいので、何か大きなものをのせる予定がなければそこまで重要視しなくてもいいところだと思います。

価格も2,000円~幅広くあります。

コンロ

これも少人数であれば小さめのローコンロなどでいいと思います。

小さいものであれば3,000円くらいからあり準備,片付けも楽なのでおすすめです。

焚火をしない場合はカセットコンロもかなりいいです。

これもあったら尚よい

なくても全然問題はないがあると結構いいよってものを紹介します。

保温・保冷タンブラー

アウトドアはどうしても野外なので、冷たいものを冷たいまま,温かいものを温かいままというのは難しいです。話していたら飲み物がぬるくなっていたなんてことはよくあります。

レジャーシート

普通のブルーシートでもOKです。テントの下に引きます。

テントを片付けるときの土や草を払う手間が省けるのと、テントの破れ防止になります。

マット

寝袋の下に敷きます。

小石などが多いところでテントを組んだ場合、寝れないか,起きたら体中が痛いのであるとかなり睡眠に違いが出ます。

Bluetoothスピーカー

あんまりどでかいのは他のキャンプしてる人に迷惑なので、手のひらサイズのものがおすすめです。

夜用にBluetoothのイヤホンなんかもおすすめです。