お金に対する価値観

お金は努力の証

投資で失敗してしまうということは元金が減るということですのでリスクがあるということを覚えておきましょう。

恋愛関係と同じ

お金を好きになろう!稼ぐ人は必ずと言っていいほどお金に対する価値観が違っています。お金というものを対人物と考えて行動している人が多いのです。

お金を人と考えるというのはどういったことでしょうか?それはもしお金の立場になって考えてみればいいのですが、乱雑に扱われたてくしゃくしゃに扱われたら相手のことを嫌いになりますよね。

対人関係でもそうですが、好かれている人や自分のことを大切に扱ってくれる人の元に行きたいと考えますよね。つまり自分のことを好きだと思ってくれる人に対しては自分も自然に寄っていきますし困ったときにはなんとかしたいという気持ちになりますよね。

普段からお金に対しての気持ちも大切に扱わなかったりお札も丁寧に綺麗に整頓していなかったらお金もそこにいたくないと思いますよね。

お金というのは出ていくものであり、いづれ戻ってくるものという考えでもあります。その時に戻ってきたくなるような人物になっていないということです。そういった戻ってきやすい雰囲気作りをしなくてはいけないのも大切なことなのです。

また使われるときも意味を持って使われるということが大切であり大切に扱われたいと思うのは誰だってそうですよね。ただ意味もなく利用されるのは誰だって嫌になってしまいます。

お金というのは不確かで移ろいやすいものでどうしてもありがたみだったりその場でなくなってしまうものですの気が入らないかもしれませんが、人と考えて行動することでどうすれば好かれるのか?というのかが見えてきますよね。

相手に振り向いてもらおうと思ったら身なりや容姿を整えたり収納する財布は綺麗で高級なものにしたほうがいいのではないかと考えるでしょう。

また相手がどんなものに興味があるのか知りたくなりますよね。お金も一緒でどういったところが儲かっているのか?とか業界について深く知ろうと考えるようになります。

お金を嫌いな人には絶対にやってこないということだけは肝に銘じておきましょう。

↑ PAGE TOP